太陽光発電やソーラーパネルの知識やメーカーの特徴を理解しましょう。

太陽光発電システムのメーカー比較方法について

メーカーの製品自体に決定的な優劣はありません。しかし、製造方法が異なっていたり、メーカー独自の特徴があります。セル(太陽電池)のおおよその種類や違いなど基礎的な知識があれば、メーカーの特徴が理解できます。メーカーの特徴が理解できれば業者に的確な質問ができるので結果的に一番納得のいく買い物ができます。

なにも知らないと悪質な業者がいい加減なことを言って判断できない場合もあります。 このコーナーでは基本的なパネルの知識、メーカーの特徴をつかんでいきましょう。

セル(太陽電池)の種類について

太陽電池にはいくつか種類があります。それぞれ変換効率(※太陽のエネルギーを実際の電気に変換できる率)が異なっていたり、原材料が違う等の特徴があり、それがメーカーの特徴や価格にそのまま反映されていきます。
そこでまずは、主要な太陽電池の種類をご紹介いたします。

単結晶シリコン

Solar cellTPYE01

単結晶シリコンタイプ

原子が規則正しく並んでいる純度の高いシリコンが使われていることから、シリコンの特性が最大限に発揮される単結晶シリコンタイプ。高い発電効率が特徴となります。その反面、製造コストも高めです。

単結晶シリコンタイプを扱っている太陽光発電システムのメーカー 一覧

多結晶シリコン

Solar cellTPYE02

多結晶シリコンタイプ

太陽電池の製造コストを下げて、量産・普及のために開発されたのが多結晶シリコンタイプです。
シリコンの端材やリサイクルシリコンを再生して原材料としていることから、原子の並びは不規則で単結晶より発電効率は落ちます。ただし近年では入光ロスの改善などが進んでおり、コストパーフォーマンスの良さが多結晶シリコンのメリットと言えます。

多結晶シリコンタイプを扱っている太陽光発電システムのメーカー 一覧

Solar cellTPYE03

化合物系タイプ

化合物系タイプは、シリコンを使用しない太陽電池で、「CIS系薄膜太陽電池(はくまくたいようでんち)」として知られています。このタイプは多結晶シリコンよりも発電効率は劣るものの、曇天、影に強いという特性があります。また製造コストが低いことから、太陽光発電の普及に貢献できる素材としても注目されています。

化合物系タイプを扱っている太陽光発電システムのメーカー 一覧

HIT

Solar cellTPYE01

ハイブリッド単結晶シリコンタイプ(HIT)

高効率な単結晶シリコンと、温度環境に左右されにくい薄膜アモルファスシリコンを合体させることで、年間を通じて安定的に高効率な発電をしてくれる太陽電池です。
三洋電機(*)が開発したHIT太陽電池が有名でコストについては単結晶シリコンと同等です。
* 2012年4月をもって三洋電機は完全にパナソニックの子会社化します。

ハイブリッド単結晶シリコンタイプを扱っている太陽光発電システムのメーカー 一覧

太陽光発電 一括見積もり .comでは、太陽光発電の見積もり、価格を無料で比較できます。太陽光の工事にかかる費用の見積りや価格を無料で比較できるだけでなく、セル(太陽電池)の種類やソーラーパネルの知識、メーカー(京セラ,シャープ,パナソニック,Panasonic,三菱,東芝,カナディアンソーラー,長州産業,ソーラーフロンティア)の特徴などをわかりやすく解説しています。