エコ・インフォメーション

積雪地域での太陽光設置をする場合の注意点

太陽光パネルを雪が覆ってしまうと発電できません。
積雪地域では太陽光を設置する際によく考えなければいけない問題です。

snow画像

まずパネルについてですが、雪に耐えられる耐久性や実発電量の多いものを検討する必要があります。
もともと太陽光は表面がガラスでできており、雪が滑り落ちやすくなっていますが、勾配をつけて雪が積もりにくくしたりと設置するときにも工夫します。

次に注意したいのが、落雪についてです。
パネルに積もった雪が勝手に滑り落ちるとなると、落雪による被害を考えなければいけません。
落雪で車がへこんだ。通行人に怪我をさせた。などトラブルの原因になってしまいます。被害が広範囲に及ばないように、雪が落下する場所の確保、雪止めをする必要があります。冬の間全く発電しないということはありませんが、太陽光設置業者と相談して設置をしたほうがよいでしょう。

ちなみに豪雪地域の新築物件ではオール電化と太陽光をセットで導入することが多いそうです。
灯油の値段も高くなってきているため、それ以外の選択肢として太陽光+蓄電池+オール電化といった組み合わせを選ぶ家庭が増えているようですね。

←"新電力会社(PPS)とは" へ戻る    "どのメーカーがお得?おすすめメーカーは?" へ進む→